ペットの引越しや輸送

犬

サービスの基本と活用方法

引越しの際などはかわいいペットの輸送も必要になってきます。ペット輸送ですが、様々な業者のサービスから選べてその内容も充実しています。ペット輸送は目的地などによって輸送の方法が異なっており、直行便、航空機併用便、トラック併用便などがあります。まず引越し先が海外の場合はまず航空機併用便での輸送が基本になります。ただし、空港までは自分で運んで業者に預ける場合と自宅まで引き取りにきてもらう場合で異なります。後者の場合は空港までは専用車など自動車での輸送になります。さらに目的地の空港からも新居までの行程も自動車による輸送が加わります。国内のペット輸送で直行便の場合は同一のスタッフが専用車で目的地まで運んでくれるというサービスが多いようです。航空機併用便の場合は出発地から出発空港までと到着空港から目的地までは専用車で運ばれ、空港間は航空機による輸送となります。トラック併用便では他の荷物と混載による大型トラックでの輸送となります。上記の3種類の方法の違いですが、まず料金については高い順に直行便、航空機併用便、トラック併用便となります。この内、ペットへの負担が最も少ないのもこれと同じ順番になります。この料金はさらに運ぶペットの大きさと輸送距離によっても異なります。尚、上記の3種類のペット輸送の方法の内、直行便については専用車内でドライバーと同じ空間になりますので、最も負担が少ないと言えます。ただし、他の輸送方法でもしっかりとした配慮がされますので不安はありません。ペット輸送で輸送できる動物の種類ですが、犬や猫の他、フェレットや爬虫類、熱帯魚なども対象となります。ただし、念のため、熱帯魚などは事前に確認をしたほうがいいでしょう。また、犬や猫は必要なワクチンは接種させておきましょう。